コンタミ OK ! 小麦 アレルギー の 方 も 安心 して 食べられる 米 が 主役 の スイーツ ! 〜 米粉 専門店 Kome Co. ③ 合同会社 ファンビオン 土屋大輔 社長 インタビュー

米粉専門店Kome Co.さんの大本、合同会社ファンビオンを経営されている

土屋大輔社長にインタビューさせていただきました!!

合同会社ファンビオン:土屋大輔社長のプロフィール

千葉大学大学院 自然科学研究科 微生物工学研究室 修了

国内有名酒造メーカーにて研究員として8年間勤める。
そのうち約2年半、独立行政法人 理化学研究所に出向。

転職し、世界トップクラスの外資系(デンマーク・アメリカ)食品添加物メーカーで10年間勤める間に、プロダクトマネージャー、セールスリーダー、カントリーマネージャーを歴任。

メーカーに務めている際に新潟県産の米粉を出逢い、研究していく中で米粉に愛着がわく。
熱を入れていくうちに片手間ではできなくなり一念発起、昨年4月に合同会社ファンビオンを設立。

 

プライベートでは、卵アレルギーの娘さん、野球をはじめた息子さんを持つパパさんでもあり、
奥さんと共働きをされています。

一緒に働いている店長さんからお話しを聞いてみると、
「今日は料理当番だから、後はよろしくね!」
と子どもたちのごはんを作りに帰るということもしばしばあるそうな(*^^*)

そして、突然お店におしかけた大丘のインタビューのお願いも快く引き受けて下さいまして、本当とっても優しい土屋社長。

 

今回は、インタビューでお聞きできたことをまとめてみました!!

土屋社長にインタビュー!!
小麦ではなく、米粉をメインで使っていこうと思ったきっかけはなんですか??

 

5〜6年前に日本政府が、米の自給率を上げるために小麦粉の代わりに米粉を使ってくれという動きがあり、当時食品添加物メーカーに勤めていた頃に米粉を使った商品を開発していました。

その時にパンやケーキなどのいわゆる小麦粉の代わりになるものとしてではなくって、
新しい米粉の使い方なるべく多くの米粉を使った商品を作るには、『飲料』がいいんじゃないかということで、現在ファンビオンで販売している米燦燦ができました。

米燦燦(こめさんさん)詳しくはこちらのリンクをご確認下さい!

その流れで米粉の会社さんと長い付き合いになって、米粉を扱っていく中で実はそこの会社さんの米粉が、他の米粉よりもケーキやパンなどを作るのに1番といっていいくらい向いているということがわかった。
(デンプンが壊れないようにじっくり丁寧に挽いた新潟県産の米粉)

当時は夢物語的に、米粉だけのお店米粉で作ったものしか置いていないお店というのがあったらいいねと社長たちとお話しをしていて、それが今現実になっている。

今はまだ少ないですけど、まだ出ていない麺やパンも含め、ドリンク、スイーツも米粉を使ったものだけを扱っていくというコンセプトでお店の名前も米粉(Kome co.)にしています

Kome Co.さんは、米粉をメインにしているので、小麦粉(近縁種のライ麦・大麦などの製品を含め)を店内にすら一切持ち込まない完全にグルテンフリーのお店になりますよ!!

 

Kome Co.さんの商品一覧、こだわり・イチオシ商品も前回の記事にのせていますので合わせてご覧下さい♪

コンタミOK!小麦アレルギーの方も安心して食べられる米が主役のスイーツ♡米粉専門店Kome Co.さん①商品一覧
コンタミOK!小麦アレルギーの方でも安心して食べられる米が主役のスイーツ!米粉専門店Kome Co. さん②こだわりとイチオシ 商品

メーカーさんとのお付き合いから良い米粉と出逢うことができたのが、米粉を選んだきっかけということですね。

 

土屋社長が米粉の商品を通して、お客さんたちに伝えたいことはありますか?

たまたま出会った米粉ですが、やっていくうちに愛着は出てくるので、
それこそパンにしても、ケーキにしても、みなさん米粉を使って作りたいというのがあったとしても、やっぱり小麦粉の代わりに使えばいいんでしょという人が多かった気がする。全員に聞いた訳ではないですけど。

愛着が湧いてきたら、どうしても、米粉を主役にしてあげたい。

ロールケーキにしても、スフレにしても、ドリンクにしても、全部米を主役として作り上げたいという想いがどんどん湧いてきたというのはあります。

小麦粉の代わりじゃないよと。

 

それと、小麦アレルギーじゃないものを小麦アレルギーの人向けに作るのはまた別問題で、結果論的にそういうのができるかもしれないということで喜んでもらえたらと思う。

日本人は米だろうじゃないけど、
米を十分に消費していきたいという想いがあります。

粉という漢字も米を分けると書く。
米が主役。

小麦で作ったスポンジケーキは小麦の味でいい。
米で作った生地は米の味がするんだというのをもっと広く、みなさんに知ってもらいたいなと思います。

全部お米で作った商品というのもなかなか置いてないので、
Kome Co.さんのように手軽に手に取れたり、触れることができる場所があるというのがとても貴重なことに思えます。

私自身保育園のおやつや勉強会等を通じてよく試作をしていますが、思うようなできにならずになかなか難しいところがあったり、ちょっとイマイチな出来だなと思うこともしばしば。
改良が途中のものも多いのです。

Kome Co.さんのスイーツは、お客様に出すにあたり、その妥協を一切していないのがスゴい。
米粉にしてはがんばったねレベルではなく、本気で『米粉って美味しい』に変化します。

まさに米粉を活かしきったスイーツやドリンク。
こんな方法があったのかと驚きと新しい発見、インスピレーションを与えてくれます。

日本人の主食のお米から作っている米粉の美味しさを、より広くお伝えするために作っている商品たちが、結果論的に私のお伝えしたい小麦アレルギーの方も安心して食べられるスイーツたちになっていると!!

この重なりは、偶然じゃないよなと個人的には想います(*´ڡ`●)

アレルギーの方は日本食を中心にね♪

土屋社長のお米への熱い想いを感じさせていただきました!!

 

次回は土屋社長の“ 夢 ”をお聞きします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA